大学生 仕送りなし

親からの仕送りなしで生活が出来るのか?

今回は大学に進学して1人暮らしをする時に、親からの仕送りなしで生活が出来るのかを書いていきたいと思います。

地元の大学に進学する人は、自宅からでも通える人がいると思うので基本的には大丈夫だと思いますが、地方の大学に進学する人であれば、自宅から通うことは出来ないので、親元を離れて1人暮らしをして、1人で全てしなくてはいけないのです。

そして大学を決まり1人暮らしをするようになると、入学する前に親と住むところを探さなくてはいけませんし、生活に必要な最低限の物を買い揃えなくてはいけません。 なので、1人暮らしをするには、入学する前からすごく色々なことにお金がかかってしまうのです。

また1人暮らしをしている大学生は、親からの毎月一定の仕送りを貰って生活している人が多いと思います。そして親から毎月仕送りを貰っている人の中にも、「お金が足りない」という人がいるようですが、中には、仕送りを貰えないで、自分で稼いで生活している人も少ないかもしれませんがいるようです。

ここで「本当に自分が稼いだ給料だけで生活が出来るのか」と気になる人が多いと思いますので、一緒に考えてみましょう。

まず家賃は住む場所や大きさや機能でそれぞれ金額が違ってくると思うので、はっきりした金額は言えませんが、約5万くらいの物件を探している人が多いようです。

そして水道やガス代などの費用は、月5000円~8000円位だと思います。これは自分がどのように生活しているかでも金額が変わってきます。

ケータイ代は、今はLINEがあるのでメールや電話はLINEで済ませられると思います。なので、バカみたいに使い過ぎなければ、月に6000~8000円位で済むのではないでしょうか。逆に全然使わないという人であれば、数千円と安く済むという人もいるようです。

次に1番気になる食費ですが、月に安くて20000円くらいだと思います。また食費は自炊をするのか、外食で済ませるのかですごく変わってくると思います。

また友達との付き合いで、ご飯を食べに行くことがあると思いますが、頻繁に行き過ぎてしまうとその分食費がかさんでしまうので、毎回行くのではなく時には断ることも大切です。 そして自炊にすれば、作り置きや冷蔵保存をしておけるので、安く済ませられると思います。 そして工夫していけばもう少し節約出来るかもしれません。

このように簡単に最低限必要な費用を考えてみると、月に約40000円くらいはかかると思っておくといいかもしれません。

またこれにプラスして、交通費や遊ぶ費用を入れて考えてみると、もっと費用がかかると思ってください。

バイトをするとして時給が高いバイトをしても、月に約70000円くらいしか稼ぐことができませんから、仕送りがまったくない状態で生活していくのは厳しいと思います。

そして自分だけのお金で生活するために稼ごうと、バイトをメインに頑張ってしまうと、学業がおろそかになってしまう可能性がありますから、学業に支障が出ない程度に無理なく続ける必要があるのです。

また親からの仕送りなしで、バイトで稼ぎだけでやりくりしようと思うとすごく厳しいですが、奨学金というものがあるので、その奨学金を借りれば、1人暮らしは出来るようです。

奨学金は、基本的には貸与制のようです。ちなみに貸与制とは、誰でもわかるように言うと「借金」みたいなものです。なので、借金をしてでも1人暮らしをしたいかというと、それは人それぞれだと思います。

そして奨学金を借りなければ、自分のバイト代だけでは1人暮らしをするのは、難しいようですが、最初から奨学金に頼ることを考えるのは、あまり良くないのかもしれません。

1番は、親に仕送りをしてもらいつつ、足りない分は自分でバイトなどをして稼ぐようにするのがいいと思います。そうすることで自立も出来るし、社会に出る前の1つの経験をしてもすごくいいと思います。

ですが、どうしても親が仕送りをしてくらないようだったら、最終手段として奨学金をかりるようにするといいと思います。

奨学金は、申し込みをしてすぐにもらえるものではないようです。そのことをしっかり理解しておくといいでしょう。

でも仕送りを貰わないで自分でバイトなどをして、稼いだお金で生活しようと考えるだけでもすごくいいことだと思います。そうして成長していくのではないかなと思いました。

ですが、そのときにバイトをして、バイトがメインになってしまって、学業の方がおろそかになってしまうことがあると、留年してしまう可能性があるかもしれません。そうなってしまうと入学金などを払ってくれたり、あなたがしたいことを応援してくれた親に申し訳ないことです。

なので、少しでも費用の足しにしたいと思う人でバイトをするのであれば、バイトと学業がしっかり両立できるようにシフトを組むことが大切だと思います。

1日4時間で月半分くらいか、それより少し多いくらいがベストではないでしょうか。