1人暮らし 大学生 仕送り いくら

1人暮らしの大学生にいくらくらい仕送りすればいいの?

a1

1人暮らしの大学生の子供にいくら仕送りするのが相場なのかを書いていきたいと思います。

まず仕送りの平均額は、約9万くらいだそうです。これが多いのか少ないのかは1人暮らししてみないとわからないと思います。

そして大学に進学することで、県外などの大学に進学する子供も増えます。県内の大学なら通うことが出来るかもしれませんが、県外の大学に進学する子は、1人暮らしをしなくてはいけません。

初めての1人暮らしで、何かと心配だと思いますし、全て自分でしなくてはいけなくなります。そして1人暮らしをするとなった場合は、親から仕送りを毎月貰っている人が多いと思います。親もそうなると、毎月一定のお金を用意しなくてはいけません。

子供のためにも、親のためにも、最適な仕送り金額を決める必要があります。

大学生の中で、バイトをしている人が多いので、仕送りする金額は家賃と食費の2つを合わせた金額でいいのではないでしょうか。 バイトすることも社会人になる前に生活する1つの方法だと思います。

家賃と食費分だけ仕送りしてもらえれば、あとは少ないバイト勤務でも十分に必要な金額を稼ぐことが出来ると思います。 1日4時間で、時給が800円で16日間勤務した場合は、約5万くらい稼ぐことが出来ますから、無駄使いせず、考えて生活すれば十分な金額だと思います。

1人暮らしと大学で、社会の厳しさが少しわかると思います。大学生は、もう子供ではなく大人です。なので、甘やかしてしまうと社会に出て働く時にすごく大変ですし、いい大人にはならないと思います。 その甘やかしのせいで、仕事をする時も甘えてしまう癖が出てしまうと、うまく仕事も出来ないと思います。

なので、足りない分は自分の力でなんときすることが大切なのです。自分で稼ぐことで、また新たにわかることもあると思いますし、社会に出ればすべて自分の稼ぎで生活しなくてはいけなくなるので、大学生の家から覚えさせておくといいでしょう。

勤務日を増やしすぎてしまうと、勉強に支障が出てしまうかもしれませんので、支障が出ない程度にシフトを組むことが大切だと思います。

そしてどこに住むのかにもよりますが、約5万くらい家賃の所に探している人が多いようです。1人暮らしですから、あまり大きな部屋に住む必要はないと思いますが、女性だと1人暮らしだと不安だと思うので、オートロックの所がいいという人が多いようです。

オートロックだと高いと思いますが、オートロックがついていて安い所を選ぶようにするといいかもしれません。

また、大学生自身はもっと仕送りが欲しいと思っている大学生がいるかもしれません。ですが、自立するためにも親に甘えすぎるのはよくないのを理解しましょう。

甘えたままだと、社会人になった時に自分が大変になるだけです。自分で稼ぐことをしましょう。自分で稼いでみると、稼ぐ楽しみもわかるのではないでしょうか。 そして自分で節約や色々な工夫を大学生時代にしておくと、社会人になった時も役立つと思います。 出来るだけ節約して暮らすことを目標にしましょう。

そして毎月約9万くらいでも仕送りをもらえていることにしっかり感謝しましょう。9万あるとなしでは、生活の仕方がまったく違うのです。そこを考えてみればわかると思います。

少ないとは思いますが中には、仕送りを貰わず全て自分で稼ぎだけで生活をしている大学生もいるようなので、その人を見習いましょう。 その人はもっと自分で頑張っているのです。

仕送りを貰ってはいけないとは言いませんが、感謝の気持ちを忘れないでください。 親はあなたが進みたい道を応援して、高額な学費・入学費などを払ってくれるのです。なのにそれが当たり前だと思うことは、正直最低なことなのです。

しっかり理解して、自分で稼ぎ成長しましょう。そして毎月仕送りをしてくれる親にたまにでもいいので感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

また仕送りが足りないという前に自分の生活を振り返って見ましょう。 節約はしていますか?無駄遣いはしていませんか?バイトをしていますか? 無駄遣いしていれば、足りなくて当たり前です。まずは、やりくりをしていくことです。何もしていないのに「足りない」なんて言うのは辞めましょう。でも節約して、無駄遣いをしないで、バイトもしているけど、「どうしても今月は少し足りない」と言う時は、親に相談してみましょう。これが毎月になるようだと、いけませんがごくたまになら親もきっと助けてくれるはずです。そしてその翌月は、もって気を付けるようにしましょう。

まずは、仕送りの金額とバイト代が合計でいくらになるのかを考え、その予算内で生活出来るように生活を見直すことがとても大切だと思います。そして色々工夫して、うまくお金を管理していきましょう。

そうすることで、親に負担・心配をかけずに生活をし、自立するようにして自分で自分を成長させましょう。