大学生 仕送り どのようになっているのか

大学生の仕送りはどのようになっているの?

今回は大学生の仕送りがどのようなものなのかを書いていきたいと思います。

まず始めに、仕送りとは1人暮らしをしている子供に親が送ってあげるお金のことです。そのお金は自由に使えますが、ほとんどは家賃や食費で消えていると思います。

親が大学生の毎月送っている仕送りの平均額は、約9万円くらいだそうです。そして皆さんはこの仕送り金額の9万円は、多いと思いますか?少ないと思いますか?

仕送りの内容は、食費と家賃のために仕送りしてもらっている人が多いようですが、中には他にも、携帯代やインターネット代や水道や光熱費を払ってもらっている人もいるようです。これを払ってもらっている人は、実質仕送り金額も平均より高額をもらっているようです。 また他にも毎月15万円を仕送りしてもらって、親には何も負担してもらっていないという人もいるようです。 仕送りの金額は、そのご家庭でそれぞれ違うので、参考にしてみてください。

そして男性と女性では、家賃に大きな差が出るようです。それは何故かと言うと、女性の1人暮らしはとても物騒ですし、不安なものです。なので、セキュリティの設備がしっかり整っている所に住みたいと思う女性が多いようなのです。セキュリティが付いていたら親は安心できるかもしれませんね。 ですが、逆に男性は女性ほどセキュリティが整っている所を求めていないと思いますしから、女性より安い所に住めるようです。

また家賃は、駅から近くの所にするのと、オートロックはついている所、トイレとお風呂が別になっていること、ガスコンロが2口あること、収納できるスペースが多いことなどの色々な条件があります。そしてこのような条件が1つ増えるたびに約3000円家賃が高くなると考えておくと良いと思います。なので、頭に入れておくといざとなった時に参考になるかもしれません。

また大学を卒業してから地元に戻るという人なら、それほどこだわって決めなくてもいいかもしれませんが、卒業してもずっと地方にいるという人であれば、長く住むことになるので、慎重に考えた方が良いのかもしれません。 そして自分だけで決めず、親と一緒にしっかり考えて決めるといいと思います。

そして今はシェアハウス、マンションなどが昔より増えて、そこを選んで住むという人もいると思います。もしそこに住むのであれば少しは家賃などが安くなると思います。

また友達同士で一緒に住むという人もいますから、そういった場合も家賃を半分だけ払えばいいだけなので、安く済みますし、親への負担も少なくなると思います。

このように誰かと一緒に暮らす方法を選ぶのであれば、親の仕送りプラス、バイトをすることで、自分が使えるお金も少しでも出来るのではないかと思います。

また親には、家賃、学費、入学費を払ってもらっているので、少しでも負担を減らさなきゃと思いませんか?

大学生の中には「仕送りが足りない」という人が多いようですが、そうなった時に自分でバイトして稼ぎ、足りない分をまかなうのか、それとも親に「仕送りが足りない」というのかの2つに分かれるのではないでしょうか。

そして親の中には、大学生生活のうりに少しでも自分で色々挑戦して自立してほしいから必要な金額より、少なく仕送りをしている人もいます。それは、親が大切な子供がしっかり自分で働くことで、働くことの厳しさ、稼ぐことの楽しさなどを学んでほしくてしているのです。親は意地悪でそういうことをしているわけではなく、あなたのためにしていることなのです。なのでそのことをしっかり理解してください。 なので、足りないからといって「足りないから仕送り多くして」と言うのではなく、まずは自分でバイトをして、頑張ってみることが必要なのです。

いつまでも親を頼るのは辞めて、親が成長したなと思い、心配をかけないようにしてあげることも親孝行の1つだと思います。

そしてほとんどの人が、バイトをして自分で稼ぎ、色々なことの足しに使っています。親を頼りにしている人は、バイトしている人を見習い、バイトに挑戦してみてはどうでしょうか。

もし何をしてもお金が足りない時は、しかたがありません。その時は、親に相談してみましょう。自分が気に入らないことを何か言われるかもしれません。ですが、きっと助けてくれるはずです。

なので、まずは自分で出来ることを色々試してみてください。そして何をしてもダメな時だけ、親を頼ってください。 親から離れて暮らしている子を心配しない親はいません。いつもどのように暮らしているのか、しっかり出来ているのか不安なのです。 なので、しっかり出来ている所を見せて安心してあげられるようにすることが1番だと思います。でも時には頼ってあげるとすごく喜びますよ。

毎月仕送りをしている親に感謝の気持ちを伝えたり、たまには実家に帰り元気な顔を見せたり、一緒に過ごすことで親は安心できますから、たまには帰りましょう。