大学生の仕送り事情、徹底調査!

現代の大学生の仕送り事情、徹底調査!

a1

大学生になり1人暮らしをする子供への仕送りについて書いていきたいと思います。

子供が大学に進学して、1人暮らしをするようになると仕送りなどをしてあげなくてはいけません。

さてその時に気になるのが、「毎月いくらの仕送りをしてあげるといいのか」だと思います。 多くの人は、1人暮らしをしている大学生は、お金がなく貧乏だと思われている方が多いようですが、実際はそうでもないようです。 実際は、1人暮らしをいている大学生が、毎月親から仕送りやお小遣いなどをもらっている金額は、月約4万5千円位だそうです。

また大学生の生活費を考えてみると、生活費より多く仕送りを貰っていることがわかりました。そしてどこに暮らすのかにもよりますが、家賃と仕送りを合わせて考えてみると、毎月9万9千円位になるそうです。これを1年間で簡単に計算してみると、約100万もかかってしまうのです。

学費だけでも多額な費用がかかるので、それプラス仕送りなどをしてあげようと思う親御さんは、仕送りの準備もしなくてはいけないのです。

またバイトしている大学生が多いですが、バイトをしている大学生の中でも1人暮らししている大学生より、実家暮らしをしている大学生の方がバイトしていることが多いようです。実家暮らしなので、仕送りなどもありませんから自分で稼ぎ収入を得て、お小遣いにしているのではないでしょうか。

逆に1人暮らししている大学生は、親の元から離れて暮らしているので、自分の子供がどのように生活しているのかを知ることがなかなか出来ないのです。なので、どのくらい生活費が必要なのかも知ることが出来ず、必要以上の金額より多く仕送りをしてしまっている可能性が高いようです。

ですが、大学生も卒業すればもう社会人ですし、大学生であってももう大人なのです。親なので子供が心配なのはわかりますが、1人暮らしをして自分だけの力で生活していく練習の時期でもあるのです。この練習の時期に、親から必要な金額より多くの仕送りを貰った時、子供にとっていいことでしょうか? しっかり自立していくためには、このように甘やかしすぎてしまうのは、子供のためにもよくないのではないでしょうか。少しでもこの時期に、自分の力だけで出来ることを増やしてあげるのが、本当の親の役割ではないでしょうか。

そして生活費にどれくらいかかるのかをしっかり聞くようにした方がいいでしょう。もしかしたら嘘をつくかもしれませんが、ほとんどの子がしっかり報告してくれると思います。

生活費を聞いたら、必要な生活費より少しでいいので、少ない金額を渡すようにしましょう。なぜかと言うと、そうすることでその子供自身がバイトなどをして収入を得て、節約や色々な工夫をして出費を減らすようにしていくと思います。仕送り金額だけで足りない分は、自分で稼ぐようにするといいと思います。 そうしていけば、少しずつですが自分自身でやっていけるようになり、子供自身が成長できるのではないでしょうか。

最近の大学生は、お金の管理をしっかり出来ずに多重債務を抱えるという大学生が増えてきているようです。なので、社会人になる前にしっかりお金の管理が出来るように練習されてあげることが大切だと思います。 なので、もしも自分の子供が1人暮らしすることになった場合は、親御さんがどのようにサポートをしてあげるかが大切になってくるのです。

大切な子供のために、「子供が困らないようにしてあげたい」と思うのが親心ですが、甘やかすだけでは、成長は出来ず何も出来ない子になってしまうかもしれません。甘やかすことも大切ですが、時には突き放してあげることも必要なのです。簡単に言えば、アメとムチです。このアメとムチをうまく使い分けることが大切なのです。

また仕送り額が多くて、その仕送りだけに頼ってしまい、好きなことに使い遊んでばかりいて、留年をしてしまう大学生も中にはいるようなので、気を付けましょう。 自分の子供に留年なんてしてほしくないと思うので、やはり甘やかすことは良くないですね。

自分の子供がどのようになってほしいのか、そしてどんな社会人になってほしいのかを考えれば、うまくサポートしてあげられるのではないでしょうか。

離れているのでこまめに連絡を取ることも大切ですが、取りすぎてしまうとウザがられてしまい、連絡が途絶えてしまう可能性がありますから、適度に連絡をとるようにしましょう。

このことから、仕送り金額を多くなってしまうと子供を甘やかしてしまっていることと、そのことで遊びすぎて留年してしまう大学生も多くなってきていることがわかりましたね。なので、必要な生活費より少ない金額を仕送りしてあげることで、足りない分は自分でバイトをしたりして稼ぎ、生活していくようにすると、子供が成長できます。そして自立していくことで、社会人になった時に少しでも困らないようにしましょう。